萩の花

永代供養

永代供養・納骨やお墓でお困りの方

悠久の祈りを込めて

永代供養・納骨やお墓でお悩みの方へ

永代供養

悠久の安らかな眠りを見守ります

核家族化・少子化が進み「家を継ぐ」という感覚が薄れてしまったこの時代、お墓について困っている方・迷われている方が増えているかと思います。そこで現在注目されているのが納骨にともない「永代供養」するという方法です。

永代供養は跡継ぎがいない方でも、自分のお墓を守り続けられるお墓です。

永代供養位牌堂
「東照閣仏舎利殿」

東照閣仏舎利殿

皆様の大切な方の永代供養位牌をお祀りする位牌堂である「東照閣仏舎利殿」は、元和3年二代将軍徳川秀忠公の上意を請けた大坂城主松平忠明公により創建されました。

故人様の魂を宿すお位牌に対し、永代にわたるお供養が勤め上げられます。

東照閣仏舎利殿
 
555089_edited_edited.png
吉祥林永代塔

吉祥林永代塔

ご遺骨を納骨し、境内と墓苑全体の守り本尊・釈迦如来白仏像(ホワイト・ブッダ)のもと、歴史ある聖域である萩の寺の霊砂として大地にお還りいただきます。

遠く離れた墓地ではなく、常に僧侶がいて参拝者がいる場所。

大切な故人の御遺骨を決して粗末に扱う事無く、寺院の存続する限りいつまでも大切に供養いたします。

 

永代供養について

永代供養について

安らかな悠久の眠りを見守ります

萩の寺の永代供養墓には3つの種類があり、納骨の方法、供養料が異なります。ご希望に応じてお墓をご用意いたします。まず五十回忌まで忌日法要をお勤めしております。

1. 合祀にて納骨

他の方のご遺骨とともに共同のお墓でご供養いたします。

2. 個人にて納骨

おひとりずつ個別のお墓でご供養いたします。

3. 個人墓にて納骨

石碑を建て、個別のお墓でご供養いたします。

この他にも、お位牌やご遺骨の祀り方、お供養の方法などについて、皆様の希望にそった、様々なご提案をさせていただいております。

 
萩の寺
萩の花

1. お問い合わせ

まずは、ご来山されるか、お電話、メールにてご連絡ください。ご相談をご希望の場合はその旨をお伝えのうえ、ご予約をお取り下さい。

また、簡単な資料もお渡しできます。お気軽にお申し付けください。

2. 打ち合わせ

皆様のお話を直接お伺いさせていただきます。ご予約のうえ、是非一度ご来山下さい。必ず住職か副住職が充分にご相談にのり、対応させていただきます。​

(遠方、その他の理由によりご来山いただけない場合は、お電話、メール等にてご相談させていただくことも可能です。)

3. お申し込み

お時間をかけてご納得いただけるまでご検討ください。納骨・永代供養のお申し込みをお決めになりましたら、お打ち合わせの際お渡しいたします申込用紙にご記入いただきます。申込用紙は、他の必要書類とともに直接萩の寺までご持参いただくか、郵便等でお送りください。

もう一度ご来山の上、申込用紙をご記入していただいても大丈夫です。その場合は、必要書類をお持ちいただくようお願い致します。

4. 恩金完納

お申し込みとともに、恩金をお納めいただきます。銀行・郵便局でのお振込み、現金書留などでも結構です。

5. 使用許可証の発行

萩の寺における納骨・永代供養に関する使用許可証を発行し、お渡しいたします。大切に保管してください。

6. 永代祠堂法要

お位牌を建て、ご遺骨を永代にご納骨し、ご本尊様へのご報告とともに、故人様のお供養のご法要を執り行います。永代供養の始まりとなります。生前予約の方は、ご本尊様へのご報告の法要とともにお授戒式を執り行います。

お申し込みからの流れ

 
 

選ばれる理由

永代供養はこんな方に選ばれています

  • 将来にわたって墓地の維持管理が心配な方

  • 子供たちに負担を懸けたくない方

  • 墓地を継承する人がいない方

  • 故郷が離れている、または今後離れてしまう方

  • 墓じまいや改葬を考えている方

  • 相続税対策・終活

永代舎利器

永代舎利器

永代塔銘板

永代塔銘板

永代塔内部
萩の寺

「萩の寺」にできること

御供養・祈祷・厄払いなど

御供養・祈祷・厄払いなど随時承っております

近年ニーズが高まりつつある永代供養、納骨を始め葬儀・墓じまいはもちろんの事、各種祈願・供養・お祓いなど随時承っております。

また遠方の方や、何らかの事情により直接お越しいただけない方のために、祈願や供養を代行させていただく事も可能です。

気になる点があればなんでもお気軽にお問い合せ下さい。